交通安全教室日記

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

H30.8.17 石井公民館で「高齢者講習」を実施★

石井公民館で、石井地区高齢クラブ連合会員を対象に「高齢者講習」を行いました\(^o^)/

 

はじめに、DVD「ケーシー高峰の交通事故を防ぐ 高齢者のための処方箋」を上映しました★

高齢者が交通事故に遭う要因として、

○自分の身体の衰えを自覚していない

○年齢とともに表れる「せっかち」「わがまま」「頑固」

が挙げられます。

「いちいち止まるのが面倒だった」という自分勝手な考えが、自分や他人の命を奪いかねません(+o+)

 

続いて、松山南警察署 交通課員が

高齢者のみなさんに気を付けてほしいポイントをお話しました!(^^)!

 

高齢者の交通事故の特徴は、

歩行者の場合:夜に自宅付近の道路を横断中に交通事故に遭う

自転車の場合:自宅付近の交差点で、出合い頭事故に遭う

どちらも、事故の発生場所は自宅近くであることがわかります。

普段から通り慣れた道のため、安心感が油断に繋がって交通事故の原因となるようです(>_<)

 

夜間は反射材やライトをつけ、ドライバーに自分の存在を知らせましょう☆彡

 

年々と衰えてくる動体視力や視野の狭さ、身体機能の低下などをしっかりと自覚し、

無理のない外出や運転を行ってください♪

きょう学んだことをご近所の方にお話していただき、石井地区から交通事故ゼロを目指しましょう!

 


H30.8.10 古川ふれあいセンターで「自転車シミュレーター講習」を実施★

今日は高齢者交通安全の日です♪

高齢者の交通事故防止対策として、古川ふれあいサロンの方々にお集まりいただき「自転車シミュレーター講習」を開催しました!(^^)!

 

はじめに当協会指導員が腹話術を行い、‟松山大介くん”と一緒に交通安全について考えました✤

お話の前にみなさんに簡単なミニゲームをしていただきました!

若いころに比べて、頭で判断したことを行動に移すのが遅くなったと感じることはありませんか?

高齢者の交通事故の多くは、ブレーキやアクセルの踏み間違えなどの操作ミスが原因となっています((+_+))

判断したことをすぐに行動に移すことが出来るよう、日頃からおうちでもやってみてくださいね(^O^)

毎日暑い日が続き、日照時間はまだ長いですが反射材は着用していますか?

反射材は約60mから100m先のライトからその姿を確認できます\(◎o◎)/!

今日お渡ししたお土産にも反射材を入れているので夜間外出時には反射材を着用してくださいね☆

 

続いて松山南警察署 交通課員が松山市内の交通事故発生状況についてお話しました。

今年に入り松山市内で発生した交通死亡事故の約半数は、高齢者が道路横断中に被害に遭っています(>_<)

道路横断時は、横断歩道や歩道橋を利用することや、車の運転手が自分を見ているとは限らないので周囲の安全をよく確認してから横断するよう注意喚起しました(+o+)

 

最後に講習会の目玉である自転車シミュレーターを体験していただきました(^^)/~~~

自転車は車やバイクと同じ「車両」の仲間になるので、車道の左側を走行します!

歩道を走行するときは歩行者の通行を妨げないよう、すぐに止まれるスピードで走行しましょうφ(..)

「止まれ」の標識があるところや、左右の見通しが悪い交差点では思わぬところから人や車が飛び出してくる危険性があります!

「いつも来ていないから大丈夫だろう」と思わず、「もしかしたら何か来るかも…」といった危険予測を心がけてください(^^)/

歩行者が多いところを走行するときは、歩行者が優先で、危ないと思ったらすぐに止まるなど、譲り合いの運転を身につけていただきました☆ミ

 

今日の講習会で、自転車のルールだけではなく、交通安全について幅広く考えることが出来たと思います☺

交通事故の被害者・加害者にならないためにも、今日知ったことを周りの人に伝え、交通事故ゼロの地域を目指しましょう(*^^)v


H30.8.7 石井保育園で「交通教室」を実施★

石井保育園のお友達が元気いっぱい交通教室に参加してくれました(*^^*)/♪

 

最初にお人形の「だいちゃん」と交通ルールのお勉強をしました。

3つ目の信号「きいろ」と、歩く人用の2つ目の信号「あおのチカチカ」は同じ意味で、横断歩道を渡り始めてはいけません。もうすぐ赤信号になるので止まって待ちましょう。渡っている途中に信号が変わったら、元に戻るか、渡るか、近い方へ急いで進みましょう。

「と・ま・と」のお約束をして、みんなは道路に飛び出さない、

止まって待つお約束をしてくれました(^^)!

 

映画を見た後は、安全に歩く練習をしました。

みんなはまだ小さいので、横断歩道では「これから渡ります!」と車の運転手さんにアピールするために右手を高くあげます。

写真のお友達はとっても上手に手をあげれています(^▽^)人☆

 

きょうお勉強したことは、みんなの命を守るためのとても大切なお勉強です。

お家で家族のみんなに教えてあげて、夏休みにみんなで外出する時には、事故なく楽しい思い出を作ってくださいね❤


H30.7.26 市坪集会所で「高齢者講習」を実施★

猛暑が続く中、市坪地区にお住いの高齢者のみなさんを対象に高齢者講習を実施しました!(^^)!

 

松山南警察署交通調査官が松山南警察署管内の交通事故状況をお話し、

昨年の発生状況から、毎日平均17件の交通事故が起こっています(>_<)

交通事故は、いつ誰が事故の加害者・被害者になるか分かりません。

犯罪を犯すつもりのない一般人が、ついうっかりの過失で相手に大きな怪我をさせる事故を起こしてしまうことで前科を負うことがあります。

また、相手に怪我を負わせ、心に大きな重圧をかかえるでしょう。

加害者でも被害者であっても何も良いことはありませんが、日常生活の中で誰でも簡単に起こり得るのが「交通事故」なのです。

しかし、簡単なことで防ぐことが出来ます!!

まず「見る」ことです。

みなさんは見たつもりになっていませんか?

「見る」とは、安全を確実に確認することです。

パッと瞬時に見ただけでは危険因子を脳が読み取ってはいません。

基本に戻り、右・左・右の安全確認を確実にしましょう!

そして「スピード」を出さないことです。

車は急に止まれません!

速度を出せば出すほど停止距離は伸び、速度の2乗に停止距離が伸びます。

また、ぶつかってしまった時の衝撃から身を守ることと車外放出を避けるため、全席シートベルト、またチャイルドシートの着用を徹底しましょう。

 

最後に一つ宣伝を(^^)v

松山南交通安全協会は高齢者地区自転車大会を毎年実施しています。

6月4日に行った大会では今講習を実施した市坪支部が優勝し、その披露を支部長さんがされました(^^)/~~~

自転車も車両です。

正しい交通ルールで利用しなければ大変危険な乗り物になります。

そして乗車する際は命のお守りのヘルメットを着用しましょう。


H30.7.25未来夢保育園で「交通教室」を実施★

未来夢保育園のお友だちが元気いっぱいに交通教室に参加してくれました(*^_^*)

 

はじめに、腹話術人形の‟大ちゃん”と一緒に交通安全についてお勉強しました!

青・・・一度止まって左右の安全を確認してから渡りましょう。

黄・・・もうすぐ赤に変わるので黄色では渡り始めないようにしましょう。

赤・・・絶対に止まって、青になるまで待ちましょう。

 

大ちゃんとお約束した「とまとのお約束」を覚えていますか?

「と」 「止まる」

「ま」 「待つ」

「と」 「飛び出さない」

このお約束はみんなのたった一つしかない命を守るために大切なお約束なので必ず守ってくださいね♥

 

最後に、園庭に作ってある道路で歩行練習を行いました!

横断歩道を渡るときには、車やバイクが来ていないか「右・左・右」の安全を確認して、

自分の存在を周りにアピールするために右手を高く上げて渡ることができていました!

「止まれ」の標識のあるところや、見通しの悪い交差点では一度止まって左右の安全を確認するようにしましょう!

 

暑い日差しの中、みなさん一生懸命に取り組むことができました(*^^)v

お散歩に行くときは今日お勉強したことを思い出しながら歩いて下さい\(^o^)/

 


ARCHIVES
MOBILE
qrcode